琉球もろみ酢 更年期

琉球もろみ酢は更年期障害の対策にもなるのか?
MENU

琉球もろみ酢は更年期の症状にも効果的?!

健康効果のかなり高い琉球もろみ酢。更年期の症状にも効き目はあるのでしょうか?

 

そもそも更年期って何?

更年期とは閉経をはさんだ前後約10年間の事をいいます。

 

更年期が始まる時期には個人差がありますが、日本人女性の平均閉経年齢は50歳なので大体45〜55歳頃が更年期にあたります。
更年期になると女性ホルモンであるエストロゲンの量が減り、それにより自律神経が乱れやすくなります。

 

自律神経が乱れると、「顔や体が急にほてる」「不眠」「めまい」「イライラする」といった様々な症状がでてきます。
また更年期になると太りやすくなるという事もあるようです。こういった症状は自律神経の乱れだけでなく、生活環境や家庭環境などのストレスも加わり引き起こされます。
これを更年期障害といいます。

 

最近では、20〜30代でもストレスや過労、生活習慣の乱れにより自律神経のバランスが崩れ、更年期のような症状を感じる女性が増えています。

 

参考:http://www.kobayashi.co.jp/brand/inochinohaha/hahaa/kounenki/

 

更年期障害に琉球もろみ酢は効くのか

結果から言うと、琉球もろみ酢に入っている下記4つの成分をみると効果はあると考えられます。
〇クエン酸
更年期の症状である顔や体のほてりも、自律神経を活性化させることにより治まると言われています。
クエン酸には自律神経を整える効果がありますし、それだけでなく、肉体疲労回復、精神疲労回復共に効果があるので、更年期の症状にも効果があると考えられます。
○アミノ酸
更年期になると女性ホルモンが減少し、血流が悪くなり筋肉が痩てしまったり疲労が溜まりやすくなったりします。
それによってめまいがしたり、太りやすくなると考えられます。
アミノ酸には血流をよくし基礎代謝をあげ、脂肪燃焼を促す効果があるため、痩せにくくなった更年期の体には嬉しい成分だと言えます。
〇GABA
GABAはアミノ酸の一種で、気持ちを落ち着かせる抗ストレス作用や、血圧を下げたりする作用があります。
更年期の不調を訴えている方を対象とした試験では、さまざまなストレスの影響に対してGABAを摂取する事で不調が軽減されることが分かっています。
またGABAには、脳内の興奮を鎮め、リラックスさせる効果があるので、不眠の改善に対しても有効であるといわれています。

 

〇ミネラル
ミネラルには身体の調子を整えたり、気持ちを安定させる効果があります。
生きるための栄養素として欠かせない成分であり、不足するとイライラしてしまいます。
ですが、体内で合成することができず、貯蔵もできないものが多いので毎日摂取することが大事です。

 

まとめ

以上のことから、琉球もろみ酢は更年期の症状を和らげる効果が期待できると考えられます。
ただ更年期自体、症状や原因が多岐にわたるため、必ずしも効果を発揮できるかは断言できません。
ただ口コミにも更年期の症状が和らいだとありましたし、体調を整え、心を落ち着かせるのが大事な更年期に、このサプリを試すのは良い方法だと言えるでしょう。

このページの先頭へ